卵子提供による不妊治療

不妊治療といっても様々な方法がありますが、その中でも卵子提供治療という不妊治療もあります。方法としては、他人の卵子を体内に移植するという方法で行います。卵巣機能に問題があって、自分の卵子で妊娠をすることが難しい方などが対象となっています。

卵子提供治療におけるメリットとデメリット

卵子提供治療は他人の卵子を自分の体内に移植することになるわけですが、そのメリットの大きな点としては、若い卵子を用いることによって、かなり高い確率で妊娠を成功させることができるという点を挙げることができます。また、着床前診断を事前に行うことにより、流産などのリスクを低下させることができますから、着床してから移植を受ける回数を少なくすることもできます。
もし、他の方法で長期的に不妊治療をした場合は、母体への負担が重くなったり、精神的にも不安が強くなることが考えられます。

卵子提供治療のデメリットとしては、早産や多胎児妊娠といったリスクが挙げられますが、これは卵子提供治療のデメリットというよりは、高齢出産によるところが大きいと考えられます。卵子提供治療をする年代は40代以降の方が多いので、早産や多胎児妊娠などのリスクはどうしても出てくるということになります。こういったリスクについても、先ほども述べたように事前に着床前診断ができるようになってきたので、より妊娠失敗のデメリットを防ぐことができます。

もし、卵子提供治療を行うのであれば、メリットやデメリットを知るということと同時に信用のおけるエージェントを選ぶということが大事になってきます。

INFORMATION

2016/06/25
排卵と排卵を促す排卵誘発法について ページ更新しました。
2016/06/18
着床前診断で流産の確立が減り、着床率が上がる可能性が ページ更新しました。
2016/06/12
不妊症の原因となるものとは ページ更新しました。
2016/06/09
卵管内移植と普通の移植の違いとは?卵管内移植は、より自然な形での妊娠を目指す治療方法です ページ更新しました。
2016/06/01
自分の卵子で産むために ページ更新しました。

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

妊活NAVI

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。