排卵と排卵を促す排卵誘発法について

女性の卵巣から卵子が子宮に飛び出す事を排卵と言いますが、この排卵が上手にいかないと精子を出会えず受精出来ないです。その為妊娠を希望する人にとって排卵は非常に大切な事であり、もし排卵に問題があった場合排卵誘発法によって排卵を促す必要があります。

排卵の必要性と排卵誘発法の種類について

女性の卵巣には卵子の元になる細胞の集合体があるのですが、生理になると脳からの指令により20個程が卵子になるべく成長を始めます。その中で1つだけが半月で約20mmまで成長し、卵巣の表面から卵子をして飛び出す事を排卵と言います。
この排卵が何らかの原因によって排卵しない場合又は排卵するが約20mmにならない場合は、排卵誘発法として注射や薬で排卵を促し正常にする必要があります。

まず約20mmまで成長しないが排卵している場合の排卵誘発法は、クロミッドと言う飲み薬を飲む事で排卵の大きさをコントロールする方法でがあります。クロミッドを飲む事で排卵を促すホルモンを脳から分泌させるのと同時に、飲む期間を調整する事で卵子の大きさをコントロールします。卵巣機能が衰えて排卵に至らない場合は外から注射でホルモンを投与する方法があり、これをHMG-HCG法と言います。この方法は連日の注射が必要ですが分泌されていないホルモンを投与する事で、自分で排卵出来ない人でも排卵を引き起こす事が出来ます。

どちらの方法が良いかは、医師と相談して決める事が大切です。現在日本には多数の不妊治療病院があるので受診すると良いですが、中でも東京千駄ケ谷にあるはらメディカルは個々の排卵状態を詳しくチェックして誘発法を決めてくれると評判です。

INFORMATION

2016/06/25
排卵と排卵を促す排卵誘発法について ページ更新しました。
2016/06/18
着床前診断で流産の確立が減り、着床率が上がる可能性が ページ更新しました。
2016/06/12
不妊症の原因となるものとは ページ更新しました。
2016/06/09
卵管内移植と普通の移植の違いとは?卵管内移植は、より自然な形での妊娠を目指す治療方法です ページ更新しました。
2016/06/01
自分の卵子で産むために ページ更新しました。

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

妊活NAVI

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。