卵管内移植と普通の移植の違いとは?卵管内移植は、より自然な形での妊娠を目指す治療方法です

赤ちゃんを望んでから色々と試してきたけれどなかなか授からない、そんなお悩みを抱えている方にぜひ知っていただきたいのが卵管内移植です。まさに直面している方も、これからの参考にと考えている方も、通常の移植との違いを知っておくことで、一つの解決の糸口へとつながるかもしれません。

精子と卵子が出会う卵管への移植だから、自然な妊娠と近い形をとることができます

通常、体外受精や顕微授精の後に胚移植する場合は、子宮内に移植するケースがほとんどですが、卵管内移植はその名の通り卵管内へと移植します。
卵管という場所は、自然な妊娠の流れで精子と卵子が出会う場所であり、そのまま受精卵となって子宮へと着床します。この流れに乗ることで、子宮に移植するよりも、より自然な形での妊娠が望めるという点がメリットです。

GIFT法は、採取した卵子を数時間培養後、精子とともに卵管に戻す方法です。この時点で受精は確認できませんが、より自然な形に近いと言えるでしょう。ZIFT法では顕微授精後に一日培養し、受精が確認できてから卵管に戻します。こちらは、高齢で卵子の数が少ない場合や、精子の数が少ない場合などに効果的な方法です。さらに一日長く培養し、分割した状態の初期胚を卵管に戻すEIFT法もあります。

卵管内移植を行う際の注意点としては、全身麻酔をする必要があること、腹腔鏡手術であるためお腹に小さい傷が残ること、施設が限られていることなどがあげられます。しかし、子宮内への移植がなかなかうまくいかなかったり、体外培養で良好胚ができなかった場合には、卵管内移植のほうが適している可能性もあり得ます。卵管が通過していることも条件になりますが、腹腔鏡手術中に卵管の癒着をはがせることもあるので、高齢の方や、これまでなかなかうまくいかなかったりした方は一度検討されてもいいかもしれません。

INFORMATION

2016/06/25
排卵と排卵を促す排卵誘発法について ページ更新しました。
2016/06/18
着床前診断で流産の確立が減り、着床率が上がる可能性が ページ更新しました。
2016/06/12
不妊症の原因となるものとは ページ更新しました。
2016/06/09
卵管内移植と普通の移植の違いとは?卵管内移植は、より自然な形での妊娠を目指す治療方法です ページ更新しました。
2016/06/01
自分の卵子で産むために ページ更新しました。

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

妊活NAVI

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。