AIDによる不妊治療

不妊治療といえば、女性が治療を受けることが多いイメージがありますが、中には男性側に理由があって妊娠が困難であることがあります。例えば、無精子症であり、精子がない、あるいは少ない場合は、妊娠が難しいです。そこで、非配偶者間人工受精という方法を行うことによって、子供を授かる可能性が高くなります。

非配偶者間人工授精とは

不妊症の治療方の一つに非配偶者間人工受精という方法があります。この治療方法はAIDとも呼ばれていますが、無精子症といった男性側に不妊の原因がある場合に適用される方法となっています。

男性側の精子の問題があるということになりますから、主人以外の男性ドナーの精子が必要になってきます。そこで、ドナーとなる精子提供者についても条件が出てきます。どのような条件があるのかというと、まず、健康な青年男子であるということ、精神的に安定しているということ、検査結果がすべて陰性であること、ガンの遺伝子がないということ、精子の状態が良好であるということなどが条件となってきます。

非配偶者間人工受精を行う前に知っておきたい点としては、上記に挙げた条件を満たす精子提供者の情報に関しては、治療を受ける人は知ることができないということが挙げられます。このような規定があるので、例えば、知人や近親者が精子提供者となることはできないということになります。非配偶者間人工受精の場合は、妻側は血がつながっていますが、夫側とは血のつながりのない子供が生まれていくることになるので、事前に夫婦間でよく話し合って決断することが大事になってきます。

INFORMATION

2016/06/25
排卵と排卵を促す排卵誘発法について ページ更新しました。
2016/06/18
着床前診断で流産の確立が減り、着床率が上がる可能性が ページ更新しました。
2016/06/12
不妊症の原因となるものとは ページ更新しました。
2016/06/09
卵管内移植と普通の移植の違いとは?卵管内移植は、より自然な形での妊娠を目指す治療方法です ページ更新しました。
2016/06/01
自分の卵子で産むために ページ更新しました。

twitter & bookmark

  

   このエントリーをはてなブックマークに追加

運営者情報

妊活NAVI

免責事項

当サイトで提供する情報は、その正確性と最新性の確保に努めていますが、完全さを保証するものではありません。
当サイトの内容に関するいかなる間違い等についても一切の責任を負うものではありません。
当サイトの使用及び閲覧は、閲覧ユーザー様ご自身の自己責任でなされるものであり、当サイトへのアクセス又は使用によって発生したいかなる損害(パソコンやネットワークに生じた損害を含み、直接損害・間接損害の別を問わない)やその修理費用等に関して、一切の責任を負うものではありません。