トランクルームの上手な利用法


    高いレベルにあり利用価値の高いトランクルーム


    利用価値の高いトランクルーム


    トランクルームというと、どんなことを思い浮かべるでしょう。屋外コンテナやレンタル収納スペースが多くなるはずです。ですが、本当のトランクルームは、もっとセキュリティが高く、施設も内容も異なるものになります。同じように見えて、実は全く別物になるのです。


    広義でとらえれば、トランクルームは屋外コンテナもレンタル収納スペースも含むと考えることもできます。ですが、運営者からして、まったく違う形になっているということを理解すると、運用の仕方に幅ができるようになってくるのです。



    倉庫事業者が運営しているところがポイント


    トランクルームは、倉庫事業者が運営しているものとなります。一般的な屋外コンテナやレンタル収納スペースの場合、不動産賃貸業なのです。この違いは何かといえば、倉庫事業者は、国土交通大臣の認可を受けなければいけません。つまり、専門業であるということがわかります。屋外コンテナやレンタル収納スペースは、場所を貸すものや、コンテナ自体を貸すということがメインであり、保管するということに何ら責任がありません。ところが、倉庫事業者は、預かった商品に対して保証しなければいけないのです。そのため、屋外コンテナやレンタル収納スペースでは、盗難などがあっても自己責任の域を出ませんが、トランクルームでは、そういった事態が起きないように管理をしてくれることになります。もちろん、責任の所在の問題なども出てきますので、しっかりした相手を選ぶことがポイントにはなりますが、大事なものをしまうのであればトランクルームでなければリスクが高いことがわかるでしょう。



    高機能になっているトランクルーム


    トランクルームは、倉庫事業者の運営のもとで、セキュリティもしっかりしています。管理者も常駐していますし、温度管理や湿度管理もしているのです。機能はいろいろとあり、楽器などをおくことができる専門スペースもありますし、書類管理に向いているところもあります。従来の倉庫のように、暗く陰鬱なところではありません。ほとんどのところで24時間対応ですので、屋外コンテナやレンタル収納スペースとは、全く別物であると考えることもできるでしょう。回収や配達までしてくれるところもありますので、利用方法によって選択していくことも重要なのです。


    掲載記事の参照元:トランクルームのMトランク(神奈川区・東神奈川)


news